不立文字

前回の更新から1年以上経ってしまったようです。
なんかもうなんで書いてるんだかわかんなくなりますが、そういうのはあんまり考えちゃだめだと自分に言い聞かせながら細々ともう少しやめないでおきます。
たまーに暇なときにとりとめのない話をゆるい感じで書いていこうかなと。

wordpressのバージョンを更新してテーマをリニューアル!デフォルトだけど。
さあこれでモチベーションがどこまで上がるか。

こないだ、祖父の七回忌があった。
実家でささやかな法要をしてて、何気なくお寺のこととか調べてたら曹洞宗で、『禅』のことについてちょっと興味持っていろいろググってみた。
不立文字、教外別伝」という言葉があった。
経典など文字や言葉で伝えるものの他に、実体験で得るものこそ本質だ、とかそういう教えらしい。
経典を読むと、人によって解釈が分かれたり、書き手の意図が正確に伝わらないことがある。
なので、座禅を組んで自分で瞑想してたどりつく体験こそが根本という。

教えて教えてじゃなくて自分でやってごらん、みたいな感じか。
GoogleMapばっかり見てないで、実際に行ってごらん、とか。
ドキュメントばっかり読んでないで、コード書いてごらん、みたいな。

うーんたしかに本質かも、と思った。
そういえばスティーブ・ジョブズも曹洞宗に師事してたとか。
これってけっこうエンジニアに大切な考え方かも。

コメントを残す